ホーローの調理用品のいいところ

>

ホーローのデメリットとはなにか

衝撃に弱い

ホーローのデメリットとしてよく上がる情報は、強い衝撃に弱いというところでしょう。
他の食器や調理用品ではちょっとやそっと落としたり力を加えても別に大したことはないのですが、ホーローの場合は表面がガラス質になっているので落としでもした日にはひび割れたり欠けてしまったりすることがあります。

ひびが入ったり欠けるということは、そのうち割れてしまうということも十分に考えられますが、もしそうなってしまうと鉄の部分がむき出しになって錆びやすくなってしまいます。
寿命も短くなってしまうので、せっかく買ったものが台無しになってしまいます。
そうならないようにも、日ごろから丁寧に扱うということを心掛けていくようにしておくのがいいでしょう。

電子レンジでは使えない

前出のページでは、直火でもオーブンでも調理が可能だということを記しましたが、かと言ってなんでもござれというわけではありません。
実は、ホーローは電子レンジは使えないのです。
これは大事なことなので覚えておくようにしておきましょう。

と言いますのも、電子レンジでは金属や鉄の容器は電磁波を反射してしまいます。
鉄が含まれているホーローも同様です。
もし使ってしまうと、その反射のせいで火花が発生してしまい最悪燃えてしまう可能性もあります。

なので、ホーローの場合は温める際は直火やオーブンで対応するということを頭に入れておくといいでしょう。

以上、これらのことに気を付けておけばホーローは大変便利な製品だということをご理解いただけると幸いです。


この記事をシェアする